LANケーブル規格は主にカテゴリー5e Cat6・6a・カテゴリー7種類

LAN工事会社 大阪
TEL 06-6940-6636 電話番号
LANケーブル規格
LAN工事業者TOP > LANケーブル規格種類 カテゴリー6・5e カテゴリー6a・7は次世代

LANケーブル規格はCat6・6a・5e・7

ケーブル規格
LANケーブルの規格はアメリカの【ANSI(米国国家規格協会)・TIA・EIA】が認証しているものがおよそ正規なものとされています。
現在【Cat6(カテゴリーシックス)】と【Cat5e(エンハンスドカテゴリーファイブ)】1Gbps対応STPがあります。カテゴリーの数値が高いほど高速になり、ケーブルの値段も多少上がります。周波数帯域は250MHzです。後Cat6aや次世代のCat7(カテゴリーセブン)もありますが、現状ではこのCat6a・Cat7は周辺機器がまだ追いついてなく、なかなか難しいです。6A・7共に10Gbps対応で500MHzです。

実は業者が使用するケーブルですが、まだCat7の業務用の線がまだ販売されてません。それはCat7はUTPと言う網目の鉄(シールド)で、中の線を覆われているため、シールドはアース(大地へ)接続しないと威力が発揮できません。またその周辺機器の側(機器の周りを覆う鉄類等)ともシールド線と繋がなければなりません。現状対応している周辺機器はほぼ無く少ないのです。
ケーブル規格
それでも使用は出来ますが、アース接続や周辺機器が対応してないと、結局Cat6と変わりません。逆に電圧が不安定になり、Cat6以下になる可能性もあるとの事です。※本当かどうかは定かではありません。ただ周波数が高いと減衰率は高いです。

カテゴリー7のケーブル施工ですが、アースぐらいなら弊社は電気工事士資格を保有してますので、施工は可能ですが穴あけが必要になる可能性がございます。また対応の周辺機器がほぼ無いので、まだカテゴリー6がメインになってしまいます。
もちろんCat7の配線もさせて頂きますが、現在の料金は結構高いです。
後Cat6eと言うものがありますが、正規の規格ではありません。
6aに関してはすでに7が販売されているのですが、まだ早く普及率は少ないです。早さは現在のところ、6に対して理論上少々早いぐらいです。ただ今後は対応機器も出来てきて、早くなる可能性が出てきますので、将来の為ケーブル施工しておくと良いかもしれません。弊社にご依頼する場合、カテゴリー6a及び7は受注発注なので必ず申し出て下さい。

簡易無料見積もり実施中!
ケーブル工事メールお問い合わせで簡単な無料見積もりをさせて頂いてます。ケーブル工事はお任せ

お問い合わせ・お申込み窓口 TEL 06-6940-6636
メールお問合せ・ケーブルお申し込み












  品質・技術抜群の格安ケーブル施工。新築・既存住宅のケーブル調査/点検/修理/もおまかせください!

  当社は無理な勧誘は一切致しません。ケーブル施工は弊社プロにお任せ下さい。
また他社の施工が「おかしいな?」と思ったら、こちらも一度お気軽にご相談下さい。弊社は一流メーカー仕様で、部材・技術は安心です。しかもお安い!!
既存・新築住宅・物件他のお引越し、新築準備をされる方はお早めに!関西圏対応(一部除く)。弊社は専門業者です。ケーブル施工のご注文お待ちしております。

※料金表のページにある承諾事項を必ずお読み下さい。お申込みはケーブル料金表と承諾事項を了承したものとします。
※技術だけのお問い合わせや営業の問い合わせは一切お答え致しませんのでご了承下さい。
エレコム計測器仕様
部材一流メーカー仕様
レッツ地デジ!
弊社は地上デジタル放送の
普及に協力しています
チャレンジ25
エコに貢献
チャレンジします

PAGETOP

マンション・集合住宅|パソコンインターネットケーブル規格新築引っ越しの家庭内大阪府・奈良県・京都府 兵庫県・滋賀県・和歌山県の格安ケーブル 新築住宅・病院_業者無料見積り新築住宅事務所有線ケーブル会社屋外用lan配線
料金費用_準備_店舗LAN配線会社有線無線つながらないケーブル規格|家庭内パソコン・インターネットケーブル会社・大阪・京都 病院・配線激安|新築準備の激安安い価格 ケーブル規格新築引越し 新築価格費用料金・大阪京都

このサイトに使用されているホームページ・文章・画像等は無断で複製・使用を禁止します。